出会いの歴史

『人は一人では生きていくことができない』、一体いつからこう言われていたのかはわかりませんが、これは今もなお使われている言葉です。長い歴史の中でこの言葉が淘汰されなかった理由は、この言葉が真理であるからといえます。
『人は一人では生きていくことができない』というのは、理念や理想論に終止するものではなく、現実的に、一人では生きていくことができないという事実を述べています。

人は誰かと出会うとこで、社会を次の段階へと進め、今日の社会を形作ってきたのです。よってここでは“出会い”について考えたいと思います。

この“出会い”は、当人たちの自発的な行動だけでなく、ときには周囲がそのように促すことも多々ありました。江戸時代に男女が会う“出会い茶屋”はその先駆けといえるでしょう。

現在においても、この“出会い”を提供するサービス形態は社会に一般的に浸透しています。
その例の一つに、『結婚相談所』があげられます。結婚相談所では、一人ひとりにあった理想に近い結婚相手との出会いを提供しています。この結婚相談所を利用した出会いは、日常生活の中でなかなか出会いに恵まれない人にとっては大きな役割を果たしています。

そこで以下では、この結婚相談所について見ていきたいと思います。






What's New

2013/02/19
新着情報3を更新。
2012/11/26
新着情報2を更新。
2012/10/17
新着情報を更新。
2012/6/27
変化に連なる是非を更新。
2012/6/27
男性にもを更新。
2012/6/27
求めるものの違いを更新。
2012/6/27
詳しくいうとを更新。
2012/6/27
出会いと文化についてを更新。
2012/6/27
ホームページリニューアル

Recommend Entry

こんなにも

ひと昔前なら考えられないぐらいの出会い易さにみんな気づいていないのですか、パソコンや携帯があればなんでも出来る時代ですよ、もっと積極的にいきましょう。

多様化

現代の出会いは、非常に多様化してきています。顔を合って話をするのだけが形ではないですし、実際に合わずに交際を続けるような形式もかなり一般化してきているように思います。

いつの時代も出会い

いつでもどこでもだれとでも。出会いはいつもすぐそこにあるんです。目の前にあるモニター越しからも出会えますし、隣に住む方ともすぐに出会えます。出会おうと思えばどうにだって出会えるんです。それが人の運命ですからね。